スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
一緒に物語を作って♪ part2バトン(3からけっこう時間経ったw)
久々?のバトン♪「一緒に物語を作って♪」シリーズです(kobitoは4からやってるよw)
最初に謝る!今回は少し文章がふざけてます!(ごめんなさい!小雨さん!!)
ちょっとでも楽しんで(つか、私は楽しんだ!)もらえれば嬉しいのです(>_<)そして、皆さんもよろしければどうぞ♪


↓↓↓

一緒に物語を作って♪ part2バトン

Q1 少女は憂鬱そうに窓の外を眺めていた。
A1 「あーあ…。」
Q2 どうしよう。
A2 天気予報では曇りだったじゃないか。お天気お姉さんの嘘つき。
Q3 これでは帰るに帰れない。
A3 「…雨の馬鹿野郎ぉ。」 なんて、どうせ誰も聞いていない。
Q4 何かを思いついたようにランドセルをしょって席を立つ。
A4 ランドセルの中の物が、規則的な音を立てている。
Q5 向かった先は職員室。
A5 ―コンコンッ。(え?ノックは三回?いいじゃん、別に。)
Q6 担当教諭が対応するために出てきた。
A6 「お、どうしたんだ?」(担当教諭)
Q7 少女は事情を話す。
A7 すると、大きめの傘を貸してくれた。「ちょっとデカくない?」と言う言葉は、胸に閉まっておこう、うん。
Q8 少女は礼を言ってその場を去った。
A8 廊下を歩きながら、傘を開いたり閉じたりする。やっぱりデカイな、この傘…。でも、まぁ…
Q9 これで帰れる。
A9 外は相変わらずの雨空。
Q10 そのまま足早に少女は帰っていった。
A10 その身体に不釣合な傘を差しながら―。

小・中・高校と、雨で傘を持っていなかったら、濡れて帰っていたよ\(^o^)/(そのたびに教科書は大変だったけどw)
今じゃ濡れて歩くなんてできないけど、あの頃は平気だったなぁ~(雨の日に傘なくても平気で歩いちゃうの、沖縄人だけらしいwいちいち買ったりなんかしないもんね!)



P.S.前記事への拍手コメントありがとうございました(^^)
[2014/07/16 13:24] バトン。 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
<<歌いたい。 | ホーム | 今更だけど;>>
コメント
----
回答ありがとうございます。
ふざけて…たんですか。私は楽しく読ませてもらいましたけど?
ふざけてる感が分からなかったです。ごめんなさい。
次は無印ですね。楽しみにしてます。
[2014/07/17 22:12] URL | 小雨 #- [ 編集 ]
--小雨さん へ--
あれ?これはセーフの範囲内ですか?(って事はもっとやっても…←コラ)


楽しんでいただけてよかったです(^^)
次も頑張ります!
[2014/07/18 15:16] URL | kobito66 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sizutama.blog.fc2.com/tb.php/668-7031f2b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。