スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
パニック障害について

「パニック障害ってなんぞや」


と、よく聞かれます。
今はインターネットがあるから、それで調べなよと言いたいところですが、そこまでしては知りたくないって人もいるんだなぁ(^_^;)


ってなわけで!私の知識内で「パニック障害」について説明しようと思います!だから、語弊があるかも…。その時はご指摘のほどよろしくお願いします(>_<)


「パニック障害」は100人中1~2人がかかる病気と言われています。「パニック発作(突然の不安、動悸、めまい、息苦しさ)」が繰り返し起こるとパニック障害と診断されます。ちゃんとした病気なんです!脳神経の伝達機能がバランスを崩し、情報処理が上手くできないって状態です。


私の場合、広い場所や人混み、車の多い場所などに行くと視野が狭まり、頭痛が襲い、兄曰く「顔が真っ青」になるそうで(^_^;)また、テレビの長時間視聴、読書、頭を使う計算などはやるとすぐ疲れます(-_-;)今はだいぶ良くなってはいますが、以前は歌も聴けませんでした(T□T)歌うことが大好きな私にとって地獄…orz


どうやら「パニック障害」の予兆は、中学生のころから出ていたみたい。ただ、気づかなかった(笑)高校生になって今なら「それ、パニック発作だろ」と思うような症状が出ていたにも関わらず、私はストレスだろうと思っていました(^_^;)お医者さんも「ストレスですね」とか「喘息ですかねぇ」と言っていたので(^_^;)そうです!「パニック障害」は他の病気と間違われやすいのです!!社会人になって、発作を二度起こし、ようやく正しい診断がでました。


今は仕事も辞めて、通院しながら自宅養療中。。。


あ。「パニック障害」はちゃんと治療をすれば治る病気なんですよ(^□^)♪
だから、焦らずゆっくり治していこうと思うのですが…なかなか上手くいきません(^_^;)まぁ、性格の問題もあるんですが(--;)「休むってなんだ?」ってなっちゃう私です(笑)


もしかしたら、あなたの近くにもいるかもしれません。そのくらい、「パニック障害」は身近な病気なんです。もし、近くにその人がいれば、広い心で見守ってください。少しでも理解してもらえると嬉しいです(>_<)


P.S.「パニック障害」って響きが重くて…なので、個人的に「パニ」と言っています(笑)
スポンサーサイト
[2012/08/25 17:57] パニ。 | トラックバック(0) | コメント(4) | @
今日は久々に…
今日、久々に元職場の同僚に会いました(貸していた漫画を返してもらった)。
同僚と言っても、一つ年下の子なんですが、とてもいい子で可愛いです(>_<)なんかすごく懐いてくれてて…有り難いですね。


彼女も仕事を辞め、新しい職場で頑張っているそうなのですが、それでも「今度遊びに行きましょう!約束ですよ!」って言ってくれました(T_T)天邪鬼な私は素直にそれを喜べなかったり…嬉しいんですが、「どうしてそこまで懐いてくれるの?」って感じで…。それが普通なのかもしれないし、社交辞令かもしれないけど、どうも歯がゆくて(^_^;)


人に対してコンプレックスがあるというか、こうやってブログやメールでは強気でいられるのに、実際はとてもちっぽけな私です。
[2012/08/28 16:41] パニ。 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
回想~中学生 編①~

ちょっとずつ、kobitoが「パニック障害」って診断を受けるまでの症状を話してみようと思います(^_^;)
あくまで、個人の事なので、参考程度に読んでいただければ、幸いですm(__)m


中学生だった頃の私は、まぁまぁ友達もいた。でも、楽しかったかって聞かれたら、思い出せることがない。
それに、仲よくしていた人たち以外からは「大人しい人間」だって思われてたみたい(^_^;)文集のコメントにそうかかれてあった(笑)


この時から、たぶん、予兆はあったんだよね。


正直、クラスにいるのがしんどかった。意識しないと息苦しくて「どうにかなってしまう」って思った日もあったなぁ。
授業中は授業に集中してればいいけど、休み時間は何をしたらいいのかわからなくて、意味もなくトイレに行ってた(立てこもり/笑)


たまに、クラスの女子が話しかけてくれたけど、「うん」か「ううん」、笑い返すくらいしかできなかった。だから、「大人しい子」だって思われていたのかも。

[2012/08/30 15:08] パニ。 | トラックバック(0) | コメント(3) | @
回想~中学生 編②~
団体行動って誰が決めたんだろう。そうじ係とかグループ活動とか。
クラスに友達がいればいいんだけど、いない学年があった。どうやって、班決めするよ?最後の最後に空席のグループ入った。みんないい人だったし、別に気負いする必要はなかったんだけど、居づらかったなぁ。


「足が重い」って言葉の意味をその時知った気がする。アパートの階段が苦しい。学校までの道のりが遠い。クラスまでの階段が異様に高く感じた。


いじめとかは全くなかったよ。違うクラスにいけば友達もいた。
それでも、億劫…なんか変だなって本当は分かっていたんだと思う(^_^;)でも、認めたくなかったんだ。


ちょうどそのころ、兄やんが学校に行けなくなってた。兄やんも「パニック障害」なんだよね(笑)あと、「自律神経失調症」「社会不安障害」などなど。
しかも、当時はその病名っていうの?がわからない状態で、色んな薬試していました。そんなきつそうな兄やんを見ていたら、「自分も学校行きたくない」なんて言えない…。
それに、中学生時代に母親が大きい病気しちゃって、色々あわただしかった(-_-;)あとは、変な意地。


母親とはなんか相性が悪いみたいで、距離があるんですよね~(^_^;)あっちもそれは分かってるんだけど。
兄たちと私に対する態度が全く違う。兄たちのことは過保護かっていうくらい心配するし、何をするのも兄たちが先。私のことは大概、兄やん経由(笑)


だから、そのころは、家族みんなが大変だったんだけど、「私だってきついのに…」って思いながら過ごしていたなぁ(遠い目)。


【中学時代の症状】
・一人行動が怖い。
・友達以外の人としゃべれない。
・授業中以外の時間にクラスにいるのが息苦しい。
・足が重い。
[2012/08/31 16:47] パニ。 | トラックバック(0) | コメント(4) | @
回想~高校生 編①~

高校は、正直行く気がありませんでした(^_^;)
楽しみでもなんでもなくて、中卒で働こうかなぁって本気で考えてた(←無謀)。でも、親の中では「あんたはここに行くんでしょ?」って高校が決まってて(まぁ、小さいころにそこに行きたいって言ってたからかな)、「じゃあ、そこで」みたいな感じで、願書出しました(^_^;)周りから見たら嫌な奴だっただろうなぁ。


高校には知り合いも一緒だったけど、クラスが離れちゃって、結局知らない人たちの中に放り込まれた。
もう絶望的…orz息苦しさ倍増。それでもなんとかクラスで喋れる子を数人作ることに成功。よくやった!自分!(笑)


でも、高校に入ってちょっと経った頃、急にご飯が食べれなくなりました。食べれるけど、強い吐き気に襲われるって感じで。もともと、人前で何かを食べるのが苦手だったから、「きっと学校にいる間だけだよね」って思っていた。
それが徐々に家でもご飯の量が少なくなっていったわけで…。ご飯を食べた後の強い吐き気。寝転がっていないと堪えきれないほど。それでも、一、二か月は過ぎたはず。


学校に持っていく弁当も一口サイズのおにぎりが二つ(もはや弁当じゃない)。なんかおかしいってなって、ようやく病院へ行きました(-_-;)
まぁ、でも、小さいころから胃が弱かったから、胃が少し弱ってるか、「軽い胃炎だろう」と思っていたら…


逆流性食道炎でした(笑)
[2012/09/01 17:04] パニ。 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。